大の字囚われ流璃子 その2

カテゴリー
大の字
お気に入りランク
タイトル&掲載巻
「悪魔の側の町」の巻
週刊少年ジャンプ1987年 第32号
★コミック版2巻
★JCデラックス(愛蔵)版1巻
★文庫版1巻
★バンチ極厚版・秋田書店コンビニ版上巻

※画像は、それぞれの描き手さんが題材にされた原作に模したイメージです。

内容

大の字囚われ流璃子 その1からの続きのシーンで、愛するフォラスを倒されて怒り心頭のベルゼバブが、怒りのままに流璃子の胸の間にフォラスの遺灰を垂らして拷問しているシーン。

流璃子は引き続き大の字で拘束されて身動きできないところに、胸の谷間にベルゼバブの念で火球がほとばしる遺灰を垂らされ、流璃子は胸の谷間から激しく流血。大の字で身体を拘束されているので顔を背けるのがやっとの状態で、まともに遺灰を受けて悲鳴をあげる。

悲鳴もキャアアアアからやがてヒィィィィーッに変わり、ほとばしる血が足を伝って流れてゆく。

プロテクターへのダメージは特に変化は無いが、骸骨パンティ周辺の描写が秀逸で、激しく切れ込んだ骸骨パンティの横から流璃子のエッチな三角形が少し覗いているのがさらにGOOD。

管理人感想

流璃子の拷問シーンで、外すことができない珠玉の名シーンの一つ。大の字囚われ流璃子 その1の最後で色気を使ってベルゼバブに命乞いをした瞬間、一気にゴッドサイダーに対する怒りが爆発したベルゼバブは、その矛先を裏切り者の流璃子へ向ける。まさに、無抵抗の流璃子を嬲るかのごとく、女性の象徴たる胸の谷間に火球と化したフォラスの遺灰を垂らすことで流璃子に対して"裏切り者"を厳しく断罪する一方で、"女性だからと言って甘い一面は見せない"と宣言するかのような場面。

このシーンは、各バージョンのコミックで見比べてもらうとわかるが、ジャンプコミックス版2巻が最も印刷領域が広く、流璃子が両手を上げて万歳ポーズをとらせて拘束されているのがよくわかる。まさに、逃げ場の無い状況で徹底的に痛めつけられる流璃子ですが、流血を伴いながらも、片胸を露出し、そして、胸を傷つけた遺灰がまさに流璃子の大事な秘部を守る骸骨パンティにもかからんとして目をひんむいて悲鳴をあげているのはなかなかにエロいです。見ようによっては、この遺灰がまさにパンティにかかるのが怖くて目をひんむいているようにも見えたりするので、その先がどうなったのかかなり気になります。

ちなみに、この続きは、足から血がボタボタと流れ落ちているコマに変わり、そして最終的に真上からこの拷問のシーンを描いている絵に変わるので、下半身がどうなったかは定かではないですが、おそらくは、骸骨パンティも無残に溶けるか亀裂が入るかして、一気に秘部にもダメージがあったのではないかと思っています。このあたりが、巻来先生の想像のさせ方のうまいところかもしれないですね。もう一つ言うと、かえってプロテクターが残っているほうがエロい気もします。

ピンクを思わせる若々しい乳首がとても印象的でした。

「このシーンを題材にした頂き物画像」