流璃子の下着

流璃子の下着姿が確認できるのは、パズス教団 奇肱国の四騎士・鶚との戦いにおいてシーンである。鶚の先制攻撃によって、ガラスの破片が体中に突き刺さった際に、突き刺さる過程で流璃子の衣服が破れていく描写がある。その中で、ブラウスが破れブラジャーの左胸部分が露出しているが、トーン張りが施された描写があるので、白や黒ではなく、流璃子のつけていた天女の衣と同じく紫あるいは赤紫(ピンクに近い)ではないだろうか?と推測している。

露出の高いコスチュームで注目される流璃子だが日常生活においては女性のたしなみとしてしっかりと下着を着用している。ベルゼバブ編で長期間に亘り全裸に剥かれて晒し者にされていたさいには、描写こそされていないものの、やはり心の内では相当な羞恥心を抱いていたのではないだろうか。それだけに、全裸を見られても恥じる余裕が無い程に羞恥責めを受けたのか、あるいは、これまでの定説通り霊気を思うが故に我が身も顧みずに霊気を気遣っていたのかなど、さまざまな想像を持たせてくれる材料になるかと思う。

ちなみに、余談ではあるが、パズス教団の偵察のために日本に潜伏していたときには、霊気と流璃子は共同生活を送っていたようだが、服装に関しては、有事の際にすぐに行動をとるためか普段着そのままで眠っている流璃子の姿があるので、霊気に下着姿を披露したかどうかは、定かではない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-12 (火) 12:08:10 (2331d)